中国税務 会計 国際税務と事業承継に強みのある西山会計事務所   

後継者の良き相談相手となる税理士

〒541-0054 大阪市中央区南本町4丁目5番7号東亜ビル9階


TEL06-6227-8872

活動

外国人による労働力の確保

【日本】

労働力不足の解消策として出入国管理及び難民認定法等の改正案が国会で審議中ですが、

新たに特定技能という在留資格が創設される予定です。

201812外国人による労働力の確保

特定の業種であれば単純労働でも外国人が受入れ可能となるなど、

大きな法改正となります。

特定項目附加控除(案)

【中国】

個人所得税法の改正を受けて、2019年1月1日から適用される

個人所得税実施条例、特定項目附加控除暫定弁法のパブリックコメントが

募集されています。

201812個人所得税特定項目附加控除暫定弁法案

減税になる政策ですが、課税実務においては複雑になり、

駐在員の手取り額にも影響があります。

年末調整の準備

【日本】

今年も残り2か月となりました。

毎年恒例の年末調整ですが、配偶者控除及び配偶者特別控除の改正の影響で

書式の変更などがあります。

201811年末調整の準備

配偶者特別控除の改正により

配偶者の合計所得金額の制限が緩和されております。

昨年同様に転記だけされると計算間違いとなりますので、

ご留意ください。

 

複数税率の導入まであと1年

【日本】

あと1年で消費税の税率が10%になります。

また飲食料品等については8%の軽減税率として

複数の税率に対応する必要があります。

201810消費税の増税1年前

販売管理システム、会計システムなどシステム対応の準備はできていますか?

2019年は元号も変わりますので、システム変更については、早めの対応を検討しましょう。

原産地証明書の書式改訂

【中国】

米中貿易における関税の引上げが続いています。日中貿易において間接的でも大きな影響が懸念されますが、

中国のおける原産地証明書の発行機関の変更に伴い書式変更もされました。

201809原産地証明書の書式改訂

日本が輸入する際には関係ありませんが、中国から第三国に輸出する場合の自由貿易協定の有無などを

ご確認ください。