中国税務 会計 国際税務と事業承継に強みのある西山会計事務所   

後継者の良き相談相手となる税理士

〒541-0054 大阪市中央区南本町4丁目5番7号東亜ビル9階


TEL06-6227-8872

新着情報
このエントリーをはてなブックマークに追加
国内及び中国の情報を掲載しています。詳しくは下記までお問い合わせください。
西山会計事務所
   TEL:06-6227-8872

新着情報

年末調整の準備

【日本】

今年も残り2か月となりました。

毎年恒例の年末調整ですが、配偶者控除及び配偶者特別控除の改正の影響で

書式の変更などがあります。

201811年末調整の準備

配偶者特別控除の改正により

配偶者の合計所得金額の制限が緩和されております。

昨年同様に転記だけされると計算間違いとなりますので、

ご留意ください。

 

複数税率の導入まであと1年

【日本】

あと1年で消費税の税率が10%になります。

また飲食料品等については8%の軽減税率として

複数の税率に対応する必要があります。

201810消費税の増税1年前

販売管理システム、会計システムなどシステム対応の準備はできていますか?

2019年は元号も変わりますので、システム変更については、早めの対応を検討しましょう。

個人所得税法の改正

【中国】

2018年10月1日から個人所得税法の改正が適用されます。

多くの納税者が減税になると思われますが、居住者・非居住者の区分の改正、

各種控除額の新設、課税所得計算期間の改正等、大きな改正となっています。

201810個人所得税法の改正

障害者雇用の税務

【日本】

一定規模以上の民間企業にも障害者の雇用を義務付けしていますが、

障害者の受入れ環境の整備のための助成金などが設けれれています。

201809障害者雇用の税務

また税務においても優遇税制を用意していますので、

ご確認ください。

 

原産地証明書の書式改訂

【中国】

米中貿易における関税の引上げが続いています。日中貿易において間接的でも大きな影響が懸念されますが、

中国のおける原産地証明書の発行機関の変更に伴い書式変更もされました。

201809原産地証明書の書式改訂

日本が輸入する際には関係ありませんが、中国から第三国に輸出する場合の自由貿易協定の有無などを

ご確認ください。

 

民法の改正と税法への影響

【日本】

相続などに関係ある民法ですが、

 

配偶者居住権の創設、遺留分制度の見直し、未成年者の年齢引下げなど改正されました。

 

民法改正を受けて改正を受けて税務も改正が行われることが想定されますので、

 

税制改正の動向を注視しながら、今後の相続対策を見直すことが必要かと思います。

 

201808民法の改正と税法への影響

 

› more

中国情報

個人所得税法の改正

【中国】

2018年10月1日から個人所得税法の改正が適用されます。

多くの納税者が減税になると思われますが、居住者・非居住者の区分の改正、

各種控除額の新設、課税所得計算期間の改正等、大きな改正となっています。

201810個人所得税法の改正

原産地証明書の書式改訂

【中国】

米中貿易における関税の引上げが続いています。日中貿易において間接的でも大きな影響が懸念されますが、

中国のおける原産地証明書の発行機関の変更に伴い書式変更もされました。

201809原産地証明書の書式改訂

日本が輸入する際には関係ありませんが、中国から第三国に輸出する場合の自由貿易協定の有無などを

ご確認ください。

 

2018年業務計画

【中国】

国務院から立法予定の項目が通知されました。

今後の改正等の内容に注目です。

また上海の最低賃金が改定され、

今後、各地で同様の動きになると思われます。

2018年業務計画

環境保護税の導入

【中国】2018年から環境保護税の税務申告が必要になります。

不利な課税を受けないように各社でどのような課税方法になるか

事前に確認が必要と思われます。

201803環境保護税の導入

非居住者企業の源泉所得税

国家税務総局は新しく非居住者企業の国内源泉所得に対する源泉徴収について公告をしました。

本公告には利子、配当等のことも触れていますが、株式持分の譲渡した場合の基本的な内容をご案内します。

CN27非居住者の源泉所得税

危険化学品生産企業の移転加速

【中国】経済に配慮しながら環境や安全対策に注力している中国ですが都市化の進む地域では工場の移転が増加しています。様々な問題に直面する移転や清算ですが、補償金等を得ることができれば金銭的な問題は軽減でき、決断の機会となります。

CN25危険化学品生産企業の移転加速

 

最低賃金情報

【中国】中国各地で最低賃金の改定が行われています。賃金の更なる上昇が今後の事業計画にも影響します。

CN22最低賃金情報

 

工作許可服務指南(暫行)の通知

【中国】日本人駐在員のビザに関して注目されていますが、国家外国専家局は各地の外国専家局に対して工作許可に関する指南書を発布しています。新規の取得のみならず、更新などもありますので企業側にとっても原文は今後の手続きの参考になると思われます。

CN20工作許可服務指南(暫行)の通知

 

撤退の簡素化と破産の会計処理

【中国】任意清算の場合に簡易抹消登記が適用できる可能性が生じ、撤退の検討している企業は実務の動向に注目です。外資企業の破産は聞きませんが、継続企業を前提とした通常の会計報告とは異なる破産時の会計基準が公表されました。取引先の破産もあり得ますのでご確認ください。

CN18撤退の簡素化と破産の会計処理

› more

日本情報

年末調整の準備

【日本】

今年も残り2か月となりました。

毎年恒例の年末調整ですが、配偶者控除及び配偶者特別控除の改正の影響で

書式の変更などがあります。

201811年末調整の準備

配偶者特別控除の改正により

配偶者の合計所得金額の制限が緩和されております。

昨年同様に転記だけされると計算間違いとなりますので、

ご留意ください。

 

複数税率の導入まであと1年

【日本】

あと1年で消費税の税率が10%になります。

また飲食料品等については8%の軽減税率として

複数の税率に対応する必要があります。

201810消費税の増税1年前

販売管理システム、会計システムなどシステム対応の準備はできていますか?

2019年は元号も変わりますので、システム変更については、早めの対応を検討しましょう。

障害者雇用の税務

【日本】

一定規模以上の民間企業にも障害者の雇用を義務付けしていますが、

障害者の受入れ環境の整備のための助成金などが設けれれています。

201809障害者雇用の税務

また税務においても優遇税制を用意していますので、

ご確認ください。

 

民法の改正と税法への影響

【日本】

相続などに関係ある民法ですが、

 

配偶者居住権の創設、遺留分制度の見直し、未成年者の年齢引下げなど改正されました。

 

民法改正を受けて改正を受けて税務も改正が行われることが想定されますので、

 

税制改正の動向を注視しながら、今後の相続対策を見直すことが必要かと思います。

 

201808民法の改正と税法への影響

 

IT補助金の受付を開始します。

株式会社ビーステップにおいてFX2やOBMの導入に対するIT補助金の申請を受け付けます。

【会社概要】

株式会社ビーステップ

住所 大阪市中央区南本町4丁目5番7号 東亜ビル9階

☎06-6227-8825

担当 西山 浩 hiroshi0309@nishiyama-accountingfirm.com

 

国税不服審判所裁決事例

【日本】

国税不服審判所から参考となる裁決事例が公表されています。

その中から海外子会社に対する貸付利息と

消費税の輸出免税の適用可否についての 裁決をまとめました。

国税不服審判所裁決事例

 

 

生産緑地2022年問題

【日本】不動産が高くなっていますが、都市部に点在する生産緑地が市場に流通する可能性があります。

土地の所有者も対応に苦慮していますが、生産緑地の指定から30年が経過する2022年以降は地価への影響も心配な問題です。

JP25生産緑地2022年問題

外国人雇用の税務と社会保障制度

【日本】工場などでも外国人と一緒に働くことが珍しくない時代ですが、税務や社会保障の実務においては不慣れな会社も多いと思います。特に正社員ではなく帰国を前提としている留学生をアルバイトで雇う場合など税の減免や帰国時等に年金の還付などが未処理とならないように注意が必要です。

JP23外国人雇用の税務と社会保障制度

 

相続手続きに関する法整備

【日本】法務局は相続手続きの利用できる「法定相続情報証明制度」を創設し平成29年5月29日から申請できるようになります。また、相続税の納税方法のひとつである物納制度についても改正がされました。

JP19相続手続きの法整備

 

› more